#82 時には後ろを見てみる

どうも、esuiです。
弊社技術開発部では毎年お花見を行っているのですが、
今日も微妙な雨模様だったりして来週あたりちょうど桜が残っていてくれるかちょっとドキドキしているところだったりします。




時には後ろを見てみる



これまで3年ほど開発をしてきた中で、それぞれの機能についての自分の実装を振り返って、
反省点や今ならどう実装するか、というのをまとめてみたという力作のプレゼンでした。

完全に社内向けの発表ということで、ほんの触りだけを紹介します。。

入社当初は業務未経験ということもあり、また現在のようにgithubのPull Requestも行っておらず、コードレビューもなかった事もあって、今見ると実に厳しい実装を行ってきてしまった、というのを当時のコードやコミットを振り返りながらセルフレビューされていました。

試行錯誤しながらパラメータをforで愚直にループしていたり、
テンプレートのバージョン追加の際に何も考えずに同じようなファイル名を量産してしまったり、
ユーザが見ることが可能なテンプレートに微妙なテンプレート変数を追加してしまったり、
安易に付けてしまったカラム名、
などなど、、、

最後に、
- 失敗しても後から負債は取り除いていける
- 淡々とコミットしていくことで、見えてくるものがある
- ファイルをコピーして移植したつもりになってもダメ。場合に応じての修正ができるようになる実力とテスト力を身につけよう

というまとめをされていました。

過去の技術的負債をどう返していくのか、というのはよくあるテーマですが、
その都度細かく返すようにしていかないと気がついた時には大変な事になってしまいますね。。

新人さんにとってもそうじゃない人にとっても、
いろいろと考えさせられるプレゼンでありました。

この記事へのコメント