Kotlinを始める際に参考にしたサイトや書籍

こんにちは、外山です。普段はJavaでAndroidアプリの開発をしています。
今年のGoogle I/OでKotlinがAndroid公式言語になったことをきっかけにKotlinの勉強を始めました。今回はその時に参考にしたサイトや書籍を紹介したいと思います。

Kotlin助走読本


kotlin-prior-learning-book.pdf - Google ドライブ

Kotlinの機能や歴史が簡単にまとめてある無料の本です。後で紹介するKotlinスタートブックの作者やKotlinコントリビュータの方々が執筆しています。


Kotlinの機能が簡潔に書かれているので、助走をつけるにはちょうど良い内容になっています。



Kotlinスタートブック


Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング -
Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング -

Kotlin入門書の定番。助走読本と比べて各機能が詳しく説明されています。


第1部は助走読本のようにKotlinの機能が簡単に紹介されています。データ型や制御構文の説明もあるので飛ばさず読みましょう。


第2部では章ごとにKotlinの文法の説明がされています。第2部の最後まで読んだ後にもう一度見返すと、1度目とは違った見方ができるので時間があれば読み返すと良いと思います。


第3部はAndroidのサンプルアプリを作ります。Android固有のコードやライブラリについての説明が多めなのでAndroidアプリ開発経験がある場合はさらっと流す程度でも良いでしょう



KotlinKoans


KotlinKoans
Kotlin公式のチュートリアル。問題にしたがってソースコードを修正し、テストを通す形式になっています。
自分で考えてコードを書く形式なのですべての問題を解いたころにはKotlinの文法に慣れているでしょう。問題を解くにはKotlinの幅広い知識が必要になるのでやっておいて損はないです。

KotlinReference


KotlinReference
Kotlin公式のリファレンス。ほとんどの機能についての説明があるので困ったらまずこのページを見ると良いでしょう。
Kotlin1.1時点でexperimentalなCoroutinesの説明もあります。


最後に


KotlinはAndroidで使用可能なJavaと比べてモダンな機能が豊富にあり、簡潔なコードを書くことができます。Kotlinについての情報はまだ多いとは言えないですが、Androidの公式言語になったことで利用が拡大されることが期待されます。
ぜひKotlinをやっていきましょう☺️

この記事へのコメント